FC2ブログ

パンの日ネタと雑記

今日はパンの日ですね。

ご存知の方もおられるかと思いますが、毎月12日は『パンの日』です。

その由来をちょっと調べると、1842年の4月12日に代官の江川太郎左衛門さんが
伊豆韮山の自宅にて兵食用として焼いたのが始まりといわれているようです。

時は江戸時代、外国の軍艦にいつ攻められるか分からない・・・という状況で
米をたいている余裕が無い・・・というところから、パンを焼いてみたようです。


そこから長い時間が流れ、食生活の彩りの1つとしてパン食が確立したのが
現代かなと思います。

パンを焼く環境は大きく変われど、このパンをこういう風に食べて欲しいと思う
焼き手の思いは変わらないところなのかなと、思います。


プチ★パンネタでした。


ところで、今日は「Puku福袋の引き換え」最終日です。引き換えカードをお持ちのお客様、
お店にはまだ若干の福袋の残りがあるようです。


忘れずに取りに来てくださると、嬉しいです。


今年に入ってから、まだお見かけしていない常連様もおられることかと
思います。是非、今年の初来店を期待しております。

私は、休み明けに久しぶりにお店に入って、パンの香りがいつもよりも
ハッキリ分かると感じました。しばらくすると慣れて分からなくなるのですが、
お店に入ってこられるお客様が感じておられるお店の香りはきっとこんな感じ
なんだろうと思いました。

そんな香りの話をしつつ、厨房のスタッフと

スタッフさん:「お正月の三が日にプクプクのパン食べたくならなかった?」

私:「なった!(強く共感)」

って会話しました。

と、やっぱり熱烈なPukuPukuファンの私とスタッフの皆さんなんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いたるのパン

Author:いたるのパン
●お店の概要とコンセプト
お店は、杉並区の社会福祉法人「いたるセンター」が運営します。
コンセプトは
1 天然酵母パンを中心に、おいしくて安心して食べられるパンづくりを目指す。
2 居心地のよいサービスを提供する。
3 地域の皆さんに愛され、活用してもらえる「コミュニティスペース」としての役割も果たす。
4 知的障害者の自立につながる、就労支援の場として生き生きと働ける店づくりを目指す。
住所:杉並区南荻窪4-1-15
電話:03-6795-5695

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード