FC2ブログ

勘違い

これは数年前の話。ちょっと長いですが最後までお付き合いくださいませ

石川県に住んでいるいとこの家に遊びに行った時に「今日はみんなでパンを作ろうか」って話になりいとこの家でパンを作る事になりました。
しかし材料や道具が全然揃っていなかったので、近くの100円ショップに行って必要な物を買ってきてもらうことになりまして。薄力粉やら、パン生地を伸ばす時に使う木の棒(麺棒っていう名前)やら買ってきてもらおうと思い

まるやま「あのさぁ麺棒も買ってきてくれない?」

いとこ「めんぼう???・・・めんぼうなんて何に使うん?」

まるやま「パンを作る時に使うんだ。一本でいいから100円ショップで売ってるし買ってきて~」

さてこれを読んでお気づきの方もいるかもしれないですが、この時いとこは、パン作りで使う「麺棒」の事を耳の掃除とかに使う「綿棒」と勘違いしていたんです!そんな事に気づ噛み合ったままやりとりするまるやまといとこ(笑)

数分後100円ショップに着いたいとこから電話がかかってきて・・・

いとこ「ねえ。1本だけで売ってる綿棒なんてないよ?100本い入りしかないけど?」

まるやま「え!!100本!?!?何言ってるの!?そんなにいらないし100本の麺棒なんてどうやって持ってかえるの
!?」

いとこ「ん!?あんたこそ何言ってるの!?綿棒100本くらい車で持って帰れるわよ!」

この時点でまるやまもいとこも噛み合ってない事に全っ然気づかず挙句の果てにいとこは「1本売りなんて金の綿棒じゃないんだからあるわけないでしょ!!」と言って怒り、まるやまは「100本だからダンボールに入れて持ってかえるのね!?」って言っていとこに怒る始末(笑)

間違いに気づいた時は二人で大笑いでした(笑)
ってなわけでこの話はすべらない話って事で私の中で鉄板ネタです^^(確実に笑いがとれるって意味)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いたるのパン

Author:いたるのパン
●お店の概要とコンセプト
お店は、杉並区の社会福祉法人「いたるセンター」が運営します。
コンセプトは
1 天然酵母パンを中心に、おいしくて安心して食べられるパンづくりを目指す。
2 居心地のよいサービスを提供する。
3 地域の皆さんに愛され、活用してもらえる「コミュニティスペース」としての役割も果たす。
4 知的障害者の自立につながる、就労支援の場として生き生きと働ける店づくりを目指す。
住所:杉並区南荻窪4-1-15
電話:03-6795-5695

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード